日経メディカルのロゴ画像

2004.10.19

【国際福祉機器展2004】 ハッピーおがわ、褥瘡予防マットレス「そよかぜ」シリーズを拡大

 ハッピーおがわは、褥瘡予防マットレス「そよかぜ」シリーズを拡大する。東洋紡が開発した「ブレスエアー」を採用したもので、褥瘡予防に効果が期待される体圧分散に優れ、軽量で通気性がよいという特徴がある。これまで、フルサイズのほか3分の1サイズ、車いす用などを製品化、さらに体位保持クッションを発売し、フルサイズよりブレスエアーを増量したフルマットレスダブル「スウィートそよかぜ」も近く発売する予定だ(写真:展示会で説明におわれる社長の小川意房氏。右端)。

 ブレスエアーは、弾性のある三次元スプリング構造体を持つ高機能クッション材。これを採用した「そよかぜ」はポリエステル100%で、通気性がよいだけでなく、洗いやすく、従来のウレタンよりリサイクルしやすいという特徴もある。たとえば同社のテストでは、寝床内湿度を27.5%に抑えることができたという(エアマットでは43.4%、マットなしでは29.1%だった)。

 フルサイズは187cm×83cm×3cmで3.6kg。価格は6万3000円(税込み)でレンタルにも対応している。(三和護)

*ハッピーおがわのホームページはこちら