2004.10.18

股・膝関節全置換術は長期的な医療費を削減する可能性

 股関節と膝関節の全置換術は、長期的には医療費を削減する可能性があるようだ。手術の直前・直後を除く術前・術後1年間の長期的な医療費を比較したところ、術後の医療費の方が安いことを示す研究結果が出た。これは、カナダUniversity of TorontoのGillian A. Hawker氏が、10月16日のポスターセッションで発表したもの。

 関節全置換術の前後の医療費について短期的に調べた研究は既にあるが、このように長期に渡って調べた研究は珍しい。また、特定の地域に住む人を対象に追跡した同種の研究は、これが初めてという。

 Hawker氏は、カナダの2地域に住む、人口計2411人について追跡し、その中で関節全置換術を行った132人について調査を行った。この2地域は、1つが都市部、もう1つは地方部を選んだ。132人の平均年齢は70歳、うち女性は75.8%だった。関節炎の痛みと機能性についての指標であるWestern Ontario MacMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC)の平均スコアは、96中43.2だった。

 手術を行った人の、術後6カ月から1年間にかかった医療費と、術前6週間からその1年前までにかかった医療費について比較した結果、関節炎の治療にかかった医療費は、術後の方が400ドル低かった。

 さらに詳しく分析した結果、都市部に住んでいる人、教育レベルが比較的低い人、術前のWOMACスコアが低い人の方が、それぞれ術後の医療費が安くなる傾向があったという。

 なおカナダでは、関節全置換術を必要とする患者の待機期間が長い点が問題になっている。Hawker氏は、この研究結果は、関節全置換術を必要とする人が適時に受けられるようにすることの重要性を、支持するものだとしている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正