2004.10.13

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(下)

 薬剤の併用では、耐用性が重要な問題となる。毒性が低く、摂取が容易な薬同士でさえ、併用により障害が生じる可能性がある。しかし、AvastinとTarcevaの併用では、その心配はなさそうだ。非小細胞肺癌に投与したアラン・サンドラー氏(ヴァンダービルト・イングラム癌センター)と、腎臓癌で試したジョン・ヘインズワース氏(サラ・キャノン癌センター)の二つの臨床試験では、各々の抗癌剤が上限量投与されたが、最も頻繁に認められた副作用は発疹と下痢だけだった。またサンドラー氏の試験では、一部の患者でAvastin投与の際に軽い血圧上昇が見られた(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正