日経メディカルのロゴ画像

2004.10.12

抗酸化サプリメントは消化器癌予防に有効ではない:系統的レビューとメタ分析から

 酸化ストレスは癌を引き起こす可能性がある。それでは、抗酸化サプリメントは、癌の発生率と死亡率を減らせるのだろうか。デンマークの研究者らが、文献データベースを調べ、サプリメントの消化器癌予防効果を偽薬と比較した臨床試験のレビューを行った。詳細はLancet誌10月2日号に報告された。

 分析の対象となった14件の無作為割付試験の多くは質の高いものだった。研究者らは、サプリメントの癌発症率および死亡率への影響と副作用を、固定効果モデルと変量効果モデルを用いてメタ分析し、相対リスクを計算した。

 その結果、偽薬、または、ベータ-カロチン、ビタミンA、C、E、セレニウムの単独または併用を1〜12年間継続した被験者に、食道、胃、大腸、膵臓、肝臓の癌の発生率減少は認められなかった。逆に、7件の試験は、サプリメントの摂取が死亡率を有意に増やす(相対リスク1.06)ことを示した。死亡率を上昇させたのは、カロチンとビタミンA(1.29)およびカロチンとビタミンE(1.10)の組合わせだった。カロチンのみは相対リスク1.05で増加傾向を示すに留まった。逆に、セレニウムには消化器癌予防作用があった(相対リスク0.50)。サプリメントには、げっぷが増える、皮膚が黄色くなるなどの副作用も見られた。

 カロチンは、発癌促進作用を持つという報告が先頃なされた。また、多くの臨床試験では、推奨よりかなり多い用量が用いられていた。それでも筆者達は、有害が示されたのは意外だったと記している。もちろん、今回の調査にも限界がある。が、サプリメントよりも、ガン予防に役立つ成分をいろいろ含んでいる野菜や果物の摂取が有効であることは確かなようだ。

 論文のタイトルは「Antioxidant supplements for prevention of gastrointestinal cancers: a systematic review and meta-analysis」、概要はこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。
(大西淳子、医学ジャーナリスト)