日経メディカルのロゴ画像

2004.10.12

松下電工、最低高23cmの垂直昇降型電動ベッドを発売

 松下電工は、床からマットレス下面までの最低高が23cmと低い垂直昇降型の電動ベッド「Soi-ne」を10月15日に発売、11月からはレンタルも順次開始する。マットレス高8cmを加えても31cmと、小柄な利用者でもかかとを床にしっかりつけて座れる高さで、立ち上がりが容易。和室に設置した場合、布団で隣に寝る人と視線が合う高さのため、安心感があるという。最高60cmまで上げることができるので、腰をかがめずに介助できる。

 Soi-neは介護保険の貸与給付対象製品で、松下電工の100%子会社である松下電工エイジフリーショップスが展開している介護専門フランチャイズ加盟店「松下電工エイジフリー介護チェーン」を通じて販売、レンタルを行う。2モータータイプと3モータータイプがあり、それぞれレザータイプと木調タイプがある。どのモデルにもマット長さ195cmのレギュラーと同185cmのショートの2サイズが設定されている。希望小売価格(非課税)は33万〜36万円。ワイドマット取り付け金具、サイドガード、テーブルなどのオプションも設定されている。

 松下電工のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)