日経メディカルのロゴ画像

2004.10.08

“ミネラルウオーター”のトクホ登場  腸にいい乳果オリゴ糖を配合

 五洲(ごしゅう)薬品(富山市)が、腸内環境を良くする乳果オリゴ糖を配合した飲料水「キレアウォーター」を発売した。 これは「無色、無味、無臭の水としては初めての特定保健用食品」(五洲薬品)という。

 乳果オリゴ糖は、乳糖とショ糖から作ったオリゴ糖。腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、便通を良くする。特定保健用食品(トクホ)の許可表示は、「腸内のビフィズス菌を適正に増やして腸内環境を改善し、お通じを良好にします」となっている。

 北アルプスの地下水を基本に、富山の海洋深層水を少量加え、甘みのある成分を取り除いた乳果オリゴ糖を配合。500ml入りペットボトル1本に、乳果オリゴ糖を3g含む。無色・無味・無臭なので、そのまま飲むだけでなく、お茶やコーヒー、炊飯など、水として使える。

 女子大生60人を2群に分け、次のようなスケジュールでクロスオーバー試験を行っている。一方の群にはキレアウォーターを2週間のんだ後、休止期間を2週間設け、続けて偽飲料水を2週間のんでもらった。もう一方の群は、偽飲料水の2週間とキレアウォーターの2週間を逆に設定した。

 その結果、偽飲料水をのんだ期間には1週間に平均5.1回の排便だったのが、キレアウォーターをのんだ期間では6.0回と多かった。さらに、排便量が鶏卵何個分に当たるかを報告してもらったところ、偽飲料水期には1週間平均8.9個だったのが、キレアウォーターをのんだ期間には10.3個と多かった。  

 希望小売価格は1本189円。コンビニエンスストアや通信販売を中心に発売する。(白澤淳子、日経ヘルス