2004.10.08

「脳卒中を知る」市民公開シンポジウム、10月23日に東京で開催

 難病医学研究財団は10月23日、東京・平河町で「脳卒中を知る その克服に向けて」と題した市民公開シンポジウムを開催する。開催の概要とプログラムは次の通り。

日時:2004年10月23日(土曜日) 13時〜17時
場所:砂防会館別館(東京都千代田区平河町2-7-4)
参加費:無料
プログラムの概要:
「わが国の脳卒中 その対策は緊急の課題」(山口武典)
「脳卒中を薬で治す」(篠原幸人)
「脳卒中をリハビリで治す」(宮井一郎)
「脳卒中を克服して」(大岡信)
「脳卒中を防ぐ」(東儀英夫)
申し込み:先着順。はがき、FAX、電子メールで財団事務局に申し込む。空席があれば当日参加可能。
申込先:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-6-3 財団法人難病医学研究財団事務局 TEL 03-3257-9021、FAX 03-3257-4788、電子メール zai.jimukyoku@nanbyou.or.jp

*セミナー・イベントなどの日程やプログラムは主催者の都合などで変更される場合があります。必ず事前に主催者側に確認のうえ、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正