2004.10.07

米国今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量が半減、Chiron社英国工場の製造停止処分のため

 米国疾病対策センター(CDC)は10月5日、Chiron社(カリフォルニア州Emeryville)の英国Liverpool工場が、英国規制当局であるMHRA (Medicines and Healthcare products Regulatory Agency )からインフルエンザ・ワクチンの3カ月製造停止処分を受けたことで、今シーズンの米国内インフルエンザ・ワクチン供給量が約半減することを明らかにした。Chiron社はLiverpool工場で、米国に供給予定だった同社のインフルエンザ・ワクチン「Fluvirin」約4600〜4800万用量を製造する予定だった。

 英国MHRAによると、Chiron社Liverpool工場は、MHRAの定めた製造基準「Good Manufacturing Practice」に沿っておらず、製品への微生物汚染の可能性が生じたため、5日、製造停止処分を受けたとしている。

 米国厚生省(HHS)は、昨シーズンのインフルエンザ・ワクチン需要量が8700万用量だったことを受けて、今シーズン、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)が製造する約5400万用量と併せ、全体で約1億用量の供給を予定していた。HHSでは、今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量は深刻な問題を抱えることになるとし、ワクチン接種を、65歳以上の高齢者や生後6〜23カ月の乳児といった、ハイリスク・グループに対して優先的に行うよう医師らによびかけている。

 HHSはまた、Aventis社での増産など、インフルエンザ・ワクチンの供給量を増やす可能性を探り始めたとしている。

 詳しくは、CDCのニュース・リリースや、Chiron社のニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:266
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景 FBシェア数:22
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:107
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:27
  5. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:77
  6. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  8. 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:19
  9. EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:50
  10. マイナンバーカードを使った資格確認の導入に向け改… 医療保険部会で厚労省が方針を発表 FBシェア数:29
医師と医学研究者におすすめの英文校正