日経メディカルのロゴ画像

2004.10.07

米国今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量が半減、Chiron社英国工場の製造停止処分のため

 米国疾病対策センター(CDC)は10月5日、Chiron社(カリフォルニア州Emeryville)の英国Liverpool工場が、英国規制当局であるMHRA (Medicines and Healthcare products Regulatory Agency )からインフルエンザ・ワクチンの3カ月製造停止処分を受けたことで、今シーズンの米国内インフルエンザ・ワクチン供給量が約半減することを明らかにした。Chiron社はLiverpool工場で、米国に供給予定だった同社のインフルエンザ・ワクチン「Fluvirin」約4600〜4800万用量を製造する予定だった。

 英国MHRAによると、Chiron社Liverpool工場は、MHRAの定めた製造基準「Good Manufacturing Practice」に沿っておらず、製品への微生物汚染の可能性が生じたため、5日、製造停止処分を受けたとしている。

 米国厚生省(HHS)は、昨シーズンのインフルエンザ・ワクチン需要量が8700万用量だったことを受けて、今シーズン、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)が製造する約5400万用量と併せ、全体で約1億用量の供給を予定していた。HHSでは、今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量は深刻な問題を抱えることになるとし、ワクチン接種を、65歳以上の高齢者や生後6〜23カ月の乳児といった、ハイリスク・グループに対して優先的に行うよう医師らによびかけている。

 HHSはまた、Aventis社での増産など、インフルエンザ・ワクチンの供給量を増やす可能性を探り始めたとしている。

 詳しくは、CDCのニュース・リリースや、Chiron社のニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)