2004.10.06

重度要介護者の自立助けるロボット、セコムが来年度発売へ

 セコムは10月5日、寝たきりの要介護者などが自力でベッドから移動するための自立支援ロボット、「セコムリフト」の試作機(写真)が完成したと発表した。2005年度早々の商品化・発売を予定している。ロボットは2本の支柱の間にレールをわたし、そこからベルトを吊り下げて身体に装着する衣服型の吊り具と結び、リモコン操作で要介護者を持ち上げて運搬する仕組み。ベッドから車イスやポータブルトイレへの移動に利用できる。体重120kgの人まで吊り上げることが可能。6畳程度の広さがあれば、組み上げたリフトを置くだけで済み、特に住居の改造は要しない。

 移動の際に自動的に要介護者の姿勢を調節する機能を持ったり、4カ所で固定する吊り具とベルトのうち1カ所でもかけ忘れたら作動しないなど、快適性・安全性にも配慮している。

 セコムでは介護保険の福祉用具レンタルの対象商品として、月に3万円(自己負担3000円)程度で貸し出すことを計画している。購入の場合は、100万円弱の価格とする予定。初年度には数百台の納入を目標としている。

 セコムは、既に「マイスプーン」という要介護者が食事を取るのを支援するロボットを発売しており、今回の「セコムリフト」は医療・福祉分野のロボットとしては第2弾となる。そのほか、同社は現金護送ロボットや屋外巡回監視ロボットも開発している。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正