2004.10.06

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(上)

 早期癌を完治させることは、既に珍しくなくなった。乳癌は早期に見つかることが多く、90%が治癒に至っている。問題は、発見が遅れ既に癌が転移してしまっている場合である。既存の抗癌剤では、全身に広がった癌の猛攻撃を抑えることは難しい。

 しかし現在では、正常な細胞の増殖も抑制する従来型の化学療法薬に代わり、癌細胞を選択的に攻撃する治療薬が用いられるようになってきた。「分子標的薬」と呼ばれる新しいタイプの抗癌剤は、なぜ正常な細胞が癌化し無秩序な分裂を始めるようになるのかを解明するための研究成果から生まれた。癌の増殖には、様々な増殖因子やタンパク質など、複数の要因が関係している(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正