2004.10.06

【Pharma Business】 1000億円超の抗菌薬、Ciproのサクセスストーリー(上)

 それは1982年の出来事だった。バイエルの英国支社で新たに開発担当となったアラン・ウエストウッドは、デスク整理の最中、「BAY o9867」と呼ばれる抗菌物質についての資料を目にした。細菌学者でもあるウエストウッドは、資料を読み進んでいくうちに、この物質の活性に驚いた。

 現在は感染症治療薬の世界戦略を担当する副社長の職にあるウエストウッドは、資料を読むや直ちにマーケティング担当の部署に赴き、この物質について調べ始めた。20年前にか開発担当がそのような行動に出るのは、仰天ものの話だったろうとウエストウッドは振り返る。「異例中の異例で、これで私の進む道が変わった」という(米Pharmaceutical Executive誌より。詳しくはこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正