2004.10.01

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:開発特化型ベンチャーを利用する製薬企業の思惑

 相次ぐ再編で規模を拡大した欧米製薬企業は、それによって拡充されたマーケティング力を生かすために、すぐにも売れる医薬品を外部から導入する志向を強めている。この結果、開発後期にある候補化合物は引っ張りだこになっている半面、早期段階の化合物にまで手が回らない状況にある。

 そこに目を付けて登場してきたのが、開発早期の化合物を安価に導入し、開発を進めて価値を高めた上で導出するというビジネスモデルのベンチャー企業。早期段階の化合物の受け皿になることに徹して、決して自ら医薬品の販売にまで乗り出そうとは考えていない。それどころか、一つの化合物だけを手掛けて、最後は製薬企業への身売りという形で投資を回収しようとしている企業も中にはある。言うなれば「候補化合物の一時預かり」である。(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:36
  3. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:100
  4. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  5. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:27
  6. 突然発症の右腰背部痛、腎機能低下も認めたら… カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:47
  8. 胸水中ヒアルロン酸のカットオフ値はどこ? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:18
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:222
  10. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:145
医師と医学研究者におすすめの英文校正