日経メディカルのロゴ画像

2004.09.28

三井物産の子会社メディヴァンスが運営する医療モールで、24時間対応の患者向けコールサービスを開始

 医療モールの企画・運営を行う(株)メディヴァンス(東京都港区)は、10月中旬より同社が運営する医療モール「メディカルポートクローバー橋」(東京都江東区)において、保健同人社と提携して24時間対応の患者向けコールサービスを開始する。

 具体的には、医療モール内の診療所に診療時間外にかかってきた患者からの電話を保健同人社のコールセンターへ転送。看護師や保健師などの資格を有する相談員が、蓄積された健康医療情報のデータベースに基づいて患者の相談に応じ、必要に応じてモール内の診療所の医師に連絡する。

 メディヴァンスは、2002年に三井物産(株)、三井不動産(株)、(株)エスアールエルが共同出資(出資比率はそれぞれ50%、30%、20%)で設立した会社で、東京都内で二つの医療モールを管理・運営している。「コールセンターは同社が手がける医療モールのサービス機能の一つとして装備していきたい」と同社代表取締役の瀬川洋樹氏は話している。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21