日経メディカルのロゴ画像

2004.09.24

米国厚生省が鳥インフルエンザのワクチン200万用量発注、米国での流行に備えて

 米国厚生省(HHS)は9月21日、米国での流行に備え、高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)のワクチンを、200万用量発注した。同ワクチンは、今年タイとベトナムで患者が発生し、29人が死亡したH5N1と同じ型。今後米国内でH5N1が流行した際には、同ワクチンを、医療従事者や検査技師を始め、必要であれば一般の人にも用いるとしている。

 HHSが今回ワクチンを発注した先は、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)で、費用は約1300万ドルという。

 CDC(米国疾病対策センター)によると、米国では毎年、約20万人がインフルエンザが原因で入院し、また約3万6000人が、インフルエンザまたはその合併症で死亡するとしている。詳しくは、HHSのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■