日経メディカルのロゴ画像

2004.09.22

運転時に缶コーヒーを飲むと疲れがとれる、ポッカが実験で確認

 運転中にコーヒーを飲むと眠気だけでなく疲れもとれる。コーヒーのこんな新たな効用をポッカコーポレーションが実験で確かめた。

 運転疲労は主に精神的ストレスによるものとされていることから、ポッカはトヨタグループの豊田中央研究所が開発した精神ストレスマーカーである唾液中のクロモグラニンAを測定し、運転疲労の回復の程度を確認した。

 被験者12人を2グループに分け、それぞれ1時間自動車を運転した後、1グループは5分以内にポッカ製無糖缶コーヒーを飲み、他のグループは飲まずに休息をとった。クロモグラニンAは運転直後、15分後、30分後に測定した。

 到着直後のクロモグラニンAの濃度を100とした時、コーヒーを飲んでいない場合には15分後、30分後とも105程度でほとんど変化なかったが、コーヒー飲用群では15分後には約70、30分後には約40と顕著に低下した。個人差が大きくこの人数では有意差が得られなかったが、コーヒーを飲んだグループで運転疲労が減少する傾向が明らかになった。

 本研究成果については、10月30日に開催される日本食品化学工学会中部支部大会で発表を予定している。

 ポッカのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)