2004.09.21

日経メディカル9月号記事に読者から疑問の声 「糖尿病の新規発症」解析は事前に計画していた−−VALUE研究者がLancet誌で回答

 日経メディカル9月号トレンドビュー「問われる『VALUE』の価値―大規模臨床試験の結果が混乱するワケ―」(p30〜31)で、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がエンドポイントとして記述されている」点や「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「ルール違反」とし、「“操作”が原著論文の段階で行われた」との記述に対して、「ルール違反と言えないのではないか」との疑問の声や、「原著論文で“操作”が行われた」とした記述の根拠を問う声が読者から寄せられている。

 このうち「ルール違反」と表現した、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がなぜかエンドポイントの一つとして記述されている」点については、今年6月に原著論文を掲載したLancet誌の9月11日のCorrespondenceに、VALUE研究のリーダーであり原著論文の著者でもあるStevo Julius氏とMichael A. Weber氏が連名で以下のように回答している。

 「糖尿病の新規発症を解析指標とすることは、研究が終了するより前に決定した。その点については、2002年9月に発行した公式なVALUEニューズレターで、各国のVALUE参加医師全員に知らされていた」。

 Lancet誌に掲載された一連の質疑応答のタイトルは、「VALUE:analysis of results」。現在、全文をこちらで閲読できる(要登録、無料)。

■ お詫び ■
 日経メディカル9月号のVALUEに関する記事については、不十分な取材に基づいて「糖尿病の新規発症」の扱いに対して「ルール違反」としたり、「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「原著論文を“操作”した」などと、不適切な表現が一部認められました。この結果、読者ならびに関係者に混乱をもたらし、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 日経メディカルでは、記事で指摘された疑問点について引き続き追加取材を行い、同誌10月号で改めて正確な情報を提供する予定です。また高血圧診療における薬剤選択などの問題についても、第27回日本高血圧学会などの取材をもとに、随時、情報提供していきます(日経メディカル編集)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正