2004.09.17

厚労省、茨城県で「米から有機ヒ素化合物が検出」をうけQ&Aを掲載 

 茨城県が9月16日、神栖町のヒ素汚染問題で、農業用井戸水とその水を使って作った米から、自然界には存在しない有機ヒ素のジフェニルアルシン酸(DPAA)が検出されたと発表した。これを受け厚生労働省医薬食品局食品安全部は16日、ホームページに「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」を掲載した。

 Q&Aは、「問1 ジフェニルアルシン酸(DPAA)を含む米を食べても、大丈夫ですか?」と「問2 有機ヒ素化合物であるジフェニルアルシン酸が検出された米は、食品衛生法に違反するのではないか?」の2問で構成。

 問1については、「ジフェニルアルシン酸(DPAA)については、環境省で種々の毒性試験等が実施されているところで、現時点では毒性に関する知見が限定されている」と前置きした上で、「環境省によると、ねずみ(ラット)を用いた28日間反復経口投与試験においては、0.3mg/kg体重/日では何ら有害な影響はみられなかった」と説明している。

 また、茨城県が実施した調査結果に言及。1.今回DPAAが検出された米を常食していた当該米の生産者とその家族の生体試料(毛髪や手足の爪)からはDPAAが検出されなかった、2.当該米の一般流通量は限定されている−−の2点を挙げ、「一般の消費者がこれらの米を摂食したことによって、健康上の悪影響が生じる懸念は極めて少ない」と結論付けた。

 問2について、毒性に関する知見が限定されていることを指摘した上で、「現段階において、食品衛生法第6条第2項に違反すると判断することは困難」と説明している。

 なお、茨城県は、検出された米が健康に悪影響を及ぼす恐れは極めて低いとしつつも、「念のため、米の出荷自粛を収穫した4農家に要請した」と発表している。(三和護)

*厚労省の「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」はこちら
*茨城県のプレスリリースはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正