日経メディカルのロゴ画像

2004.09.17

厚労省、茨城県で「米から有機ヒ素化合物が検出」をうけQ&Aを掲載 

 茨城県が9月16日、神栖町のヒ素汚染問題で、農業用井戸水とその水を使って作った米から、自然界には存在しない有機ヒ素のジフェニルアルシン酸(DPAA)が検出されたと発表した。これを受け厚生労働省医薬食品局食品安全部は16日、ホームページに「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」を掲載した。

 Q&Aは、「問1 ジフェニルアルシン酸(DPAA)を含む米を食べても、大丈夫ですか?」と「問2 有機ヒ素化合物であるジフェニルアルシン酸が検出された米は、食品衛生法に違反するのではないか?」の2問で構成。

 問1については、「ジフェニルアルシン酸(DPAA)については、環境省で種々の毒性試験等が実施されているところで、現時点では毒性に関する知見が限定されている」と前置きした上で、「環境省によると、ねずみ(ラット)を用いた28日間反復経口投与試験においては、0.3mg/kg体重/日では何ら有害な影響はみられなかった」と説明している。

 また、茨城県が実施した調査結果に言及。1.今回DPAAが検出された米を常食していた当該米の生産者とその家族の生体試料(毛髪や手足の爪)からはDPAAが検出されなかった、2.当該米の一般流通量は限定されている−−の2点を挙げ、「一般の消費者がこれらの米を摂食したことによって、健康上の悪影響が生じる懸念は極めて少ない」と結論付けた。

 問2について、毒性に関する知見が限定されていることを指摘した上で、「現段階において、食品衛生法第6条第2項に違反すると判断することは困難」と説明している。

 なお、茨城県は、検出された米が健康に悪影響を及ぼす恐れは極めて低いとしつつも、「念のため、米の出荷自粛を収穫した4農家に要請した」と発表している。(三和護)

*厚労省の「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」はこちら
*茨城県のプレスリリースはこちら