日経メディカルのロゴ画像

2004.09.15

結核を疑え!、高齢者の“発病爆発”は臨界点−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 結核感染者の「巨大な山」が崩れようとしている。ピークは80歳前後にある。わが国に結核がまん延していた1950年代、30人に1人が結核を発病した。当時20歳代だった彼・彼女らは、現在7割以上が結核に感染している。感染した結核は免疫力により増殖を止められていたが、高齢化し糖尿病やCOPDなどの疾患に罹患して、免疫機能が低下するとともに、多くが結核発病へと至る。今、この集団にどう対処するか、そして若年者への感染をどう防止すればよいのか。日常診療で、常に結核を頭に入れておかなければいけない時代がやってきた。

 日経メディカル9月号では、「結核を疑え!、高齢者の“発病爆発”は臨界点」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 開業医3465人の大調査、信頼できる紹介病院の選び方

 精査が必要なとき、専門的治療が必要なとき、どの病院に患者を紹介するかは、ゲートキーパーである開業医の腕の見せどころ。日経メディカルでは、本誌の開業医読者1万5221人を対象に、紹介実績などのほか、胃癌をはじめ計12疾患について実際の紹介病院を調査した(有効回答数3465人)。紹介先として人気が高かった病院をランキングするとともに、病診連携に積極的に取り組む開業医を取材し、紹介病院の選び方のコツをまとめた。

インタビュー
 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター小児科医長/高松勇氏
 結核対策の方針転換と臨床医の役割
 高齢・ハイリスク者発の連鎖を断て

トレンドビュー
・「VALUE」試験の結果が混乱するワケ
・ウジを這わせて糖尿病性足潰瘍を改善
・年金をきちんと納めてきましたか?
・病院経営を大学院で学ぶ医師たち

 詳しくは、日経メディカル9月号(9月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。