日経メディカルのロゴ画像

2004.09.15

癌の痛みのモルヒネ治療、「中毒・依存症になる」イメージ持つ人が5割

 癌の痛みのモルヒネ治療に対して「強力な痛み止め」と考える人が3人に2人を占める一方で、「最後の手段」「中毒・依存症になる」という考える人も多く、「やむをえず使う危険な薬」というイメージがまだ強いことが分かった。製薬企業のヤンセンファーマが今年6月、全国の40歳以上の男女400人を対象に、癌の痛みに関する意識調査をインターネット上で実施、このほど調査結果を報告した。

 それによると、癌で痛みがある場合に望む治療を問う複数回答の設問に対しては、66%と大多数が「痛みを取れる薬があれば何でも使ってもらいたい」を選択した。しかし、「限界までがまんすると思う」という回答も21%を占め、鎮痛治療はがまんの限界を超えてからと考える人が少なくないことが分かった。

 一方、モルヒネのイメージについての設問(複数回答)に対しては、「強力な痛み止め」(66%)や「痛みから解放される」(47%)を選んだが、「麻薬」(56%)、「中毒・依存症になる」(48%)とする回答も多く、優れた鎮痛効果があるものの、中毒などのリスクを秤にかけて選択する必要があると考えていることが判明した。

 ヤンセンファーマでは、こうした調査結果から、疼痛治療製剤としてのモルヒネについては、誤解が多く、情報が不足していると指摘している。

 本調査結果に関するプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)