2004.09.15

癌の痛みのモルヒネ治療、「中毒・依存症になる」イメージ持つ人が5割

 癌の痛みのモルヒネ治療に対して「強力な痛み止め」と考える人が3人に2人を占める一方で、「最後の手段」「中毒・依存症になる」という考える人も多く、「やむをえず使う危険な薬」というイメージがまだ強いことが分かった。製薬企業のヤンセンファーマが今年6月、全国の40歳以上の男女400人を対象に、癌の痛みに関する意識調査をインターネット上で実施、このほど調査結果を報告した。

 それによると、癌で痛みがある場合に望む治療を問う複数回答の設問に対しては、66%と大多数が「痛みを取れる薬があれば何でも使ってもらいたい」を選択した。しかし、「限界までがまんすると思う」という回答も21%を占め、鎮痛治療はがまんの限界を超えてからと考える人が少なくないことが分かった。

 一方、モルヒネのイメージについての設問(複数回答)に対しては、「強力な痛み止め」(66%)や「痛みから解放される」(47%)を選んだが、「麻薬」(56%)、「中毒・依存症になる」(48%)とする回答も多く、優れた鎮痛効果があるものの、中毒などのリスクを秤にかけて選択する必要があると考えていることが判明した。

 ヤンセンファーマでは、こうした調査結果から、疼痛治療製剤としてのモルヒネについては、誤解が多く、情報が不足していると指摘している。

 本調査結果に関するプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正