2004.09.15

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:医薬品R&Dで日本企業は競争力を維持できるか?(下)

 日本で医薬品の特許が認められたのは1976年と遅く、90年代までは行政の方針も革新的な医薬品にとって不利なものだった。こうした事情を考慮すれば、日本の製薬企業からメバロチンやアリセプト、プログラフなどの画期的新薬が次々と生まれてきたことは賞賛に値する。日本企業の社内研究チームが世界市場で競争できる製品を生み出す能力は、同規模の海外製薬企業と十分に互していけるものである。

 ただし、日本企業の創薬活動が、米企業のそれと同程度に革新的であるというわけではない。バイオテクノロジー企業由来のものも含めれば、米企業が開発中の新薬は市場規模の違いを考慮しても、日本企業よりはるかに多い(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正