2004.09.14

ロシュ・ダイアグ、血液ガス、電解質分析装置と遠隔管理ソフトを発売

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、デスクトップ型血液ガス・電解質分析装置の新機種「OMNI S」とOMNIシリーズの分析装置を集中管理するソフトウエア「OMNILINK」を9月に発売した。OMNI Sは、OMNIシリーズ既存モデルに対し、1.新たにグルコース、乳酸イオン、BUNなどの生化学項目が測定可能になった、2.試薬パックにICチップを内蔵し、試薬パックごとの液量管理を可能にした、3.自動精度管理システムを標準で内蔵した、などが新たな特徴。2モデルあり、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、tHB、SO2、Glu、Lacが測定できる「OMNI Sシステム5」のメーカー希望小売価格が1200万円、pH、血液ガス、電解質、ヘマトクリット、ヘモグロビン分画、Glu、Lac、BUNの測定が可能な「OMNI Sシステム6」が同じく1350万円。初年度の販売目標は、システム5、システム6の両モデルを合わせて50台を見込んでいる。

 OMNILINKはOMNIシリーズ共通ソフトで、接続されたOMNIシリーズ全機種の試薬残量、患者データなどの状況確認、キャリブレーション操作、各種洗浄作業などの遠隔操作などを集中監視・制御できる。メーカー希望小売価格は450万円。

 ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:76
  2. 64歳女性。発熱と皮疹 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 薬物乱用頭痛は病態を頭に入れて対処しよう 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:36
  4. 心房細動と心房粗動の脳梗塞リスクは異なる JAMA Network Open誌から FBシェア数:46
  5. 入院患者の不穏行動をAIで予知して防ぐ リポート◎手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中 FBシェア数:90
  6. 町ぐるみで研修医に「本物の地域医療」を伝授 記者リポート FBシェア数:34
  7. 治療に直結する脳梗塞の病型診断 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. 風疹の国内流行が発生し始めている可能性が高い 感染研が緊急情報、首都圏で風疹患者が急増 FBシェア数:82
  9. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  10. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正