日経メディカルのロゴ画像

2004.09.14

MAOB阻害剤は早期パーキンソン病に有効、メタ分析の結果から

 英国の研究者らが、早期パーキンソン病患者に対するモノアミン酸化酵素B阻害剤(MAOBI)の効果を評価するメタ分析を行った。1995年、英国パーキンソン病研究グループ(UK-PDRG)は、MAOBI(セレギリン)とL-ドーパをパーキンソン病患者に併用すると、L-ドーパ単独より死亡率が高くなるという試験結果を報告しており、今回はその正当性の評価も目的の一つになっていた。得られた結果は、この薬剤が副作用無しに患者に利益をもたらすことを示した。詳細はBritish Medical Journal誌9月11日号に報告された。

 著者によると、早期パーキンソン病治療薬としてMAOBIを評価した系統的レビューはこれが初めてという。

 研究者らは、文献データベースに登録されている1966〜2003年の論文と主な専門誌、学会の抄録を調べ、MAOBIと偽薬またはL-ドーパの効果を比較した17件の臨床試験を選び出した。それらから、死亡率、運動合併症(ジスキネジアなど)、副作用、治療コンプライアンス、パーキンソン病統一スケールに基づく病態評価に関わるデータを抽出、分析した。

 その結果、MAOBI投与群と対照群の間で、死亡率に有意な差はなかった。しかし、3カ月の時点では、MAOBI群の患者に、合計スコア、運動機能スコア、日常生活動作スコアの有意な改善が見られた。さらにL-ドーパ追加の必要性は低く、運動症状の変動の進行も遅かった。なお、副作用の発生率に差はなかった。

 研究者らは、MAOBIと他の抗パーキンソン病薬を比較した臨床試験はわずかで、相対的な利益とリスクに関する不確実性は残っており、MAOBIの長期的な利益とリスクもいまだ明確でないことから、さらに大規模かつ長期的な比較対照試験の実施が急がれると述べている。

 論文のタイトルは「Monoamine oxidase type B inhibitors in early
Parkinson's disease: meta-analysis of 17 randomised trials involving 3525 patients」、全文は現在、こちら(PDFファイル)で閲覧できる。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)