日経メディカルのロゴ画像

2004.09.10

タイで18歳男性がトリインフルエンザ感染で死亡

 世界保健機関(WHO)は9月9日、タイ保健省からの通報として、トリインフルエンザ(H5N1)感染によって、同国西部Prachinburi県在住の18歳男性が死亡したことを明らかにした。この男性は9月5日に入院し、急性呼吸障害で8日に死亡した。具合の悪くなった鶏に近づいたことが分かっているという。PCRによる遺伝子検査の結果、H5N1陽性であることが判明した。現在、農業省と公衆衛生局で感染源の特定を急いでいる。

 東南アジア地域では今夏、ベトナムで4人がH5N1ウイルス感染で死亡しており、今回のタイでの感染・死亡者発生は、人間への感染拡大に対する警戒の必要性を改めて見せつけたものと言える。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)