2004.09.09

タカラバイオ、明日葉に2種類の血糖値低下もたらす物質を発見

 タカラバイオは9月8日、明日葉に豊富に含まれるカルコンという物質に、血糖値低下をもたらす作用があることを発見したと発表した。カルコンは明日葉の茎や葉を切った時ににじみでてくる黄色の汁に含まれている。タカラバイオが血糖値効果作用を発見したカルコンは、「キサントアンゲロール」と「4-ハイドロキシデリシン」と呼ばれる物質で、明日葉以外の植物にはほとんど含まれていないとされる。

 糖尿病自然発症マウスを使った動物実験では、上記2種類のカルコン類を経口投与することにより、糖尿病発症前、発症後のどちらでも血糖降下作用を発揮し、予防効果と治療効果を示唆する実験結果を得た。

 同社ではマウスの前駆脂肪細胞株を用いた試験管内実験で、明日葉中に前駆脂肪細胞の分化を促進する作用やグルコース取り込み活性などインスリン様の活性を持つ物質があることを発見し、日本農芸化学会で報告している。

 経口インスリン様物質の存在が確認できたことから、タカラバイオでは、糖尿病や合併症の予防・治療効果を持つ食品などの開発に意欲を見せている。

 タカラバイオのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正