日経メディカルのロゴ画像

2004.09.08

信友 浩一氏〔九州大学大学院医療システム学教室教授〕

○がん専門医の育成は、一定以上の症例数を持つ病院で。
○がん治療の副作用対策のため、血液分野、感染対策、循環器病に強い病院になる。
○がん専門医は自ら経験症例の開示を。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔4:欠点も多少ある。:格差があると言う情報が出せない診療体制が、先ずは、問題である。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔専門医の間の相互認証システムがない、すなわち、自称がん専門医が存在するだけ。〕

2-2:がん専門医等の育成
答[ナショナルセンター(国立ガンセンター)など一定症例数を持っている病院でのみ育成を許す。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔上記病院で育成された医師でネットワークを形成させる。〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受け入れの促進)
答〔当然である。ただしがん専門医は、副作用が出やすい血液・感染・循環器病には弱くその副作用でガン患者さんを死亡させやすいので、その領域との人事交流も必要である。〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔首長が確保したいかどうかの決断次第。その結果として専門医の集中が可能となる。〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答〔上記3で対応させる。〕

■問3
上記以外で、日ごろより現在のがん診療体制の問題点であるとお考えになっている点、またその改善案などについてお教えください。

答〔がん専門医(自称)ごとに経験症例リストを自ら作成し医師間に公表してもらう。〕

■その他、がん診療に関して何かご意見などあれば

答〔がん早期診断体制および終末期医療体制にも言及を! 原則治らない病気なのだから。均てん化でがんへの恐怖感がなくなる? がんで死なないで済む? どのような死に方ができるの?〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・