2004.09.08

祖父江 友孝氏〔国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部部長〕

○成績格差や均てん化という前に、まず現状把握を。
○全国ブロック別の基幹病院に教育・研修機能を持たせよう。
○大学医局人事を超えて人材を交流させる。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔実態がわからないので何とも言えない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔まずは、地域の実態を正確に把握し、格差があるのかをデータに基づいて検討することが先決。〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔国立がんセンター以外に、全国ブロック別に基幹機関拠点病院をおいて、がん専門医等の教育・研修を行う。腫瘍登録士についても同様。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔診療・研究の両面から推進する必要あり〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受入れの促進)
答〔大学医局人事を超えた人事交流のための人材確保〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔同上〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答え〔保険点数加算など、経済的インセンティブが必要〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正