2004.09.08

祖父江 友孝氏〔国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部部長〕

○成績格差や均てん化という前に、まず現状把握を。
○全国ブロック別の基幹病院に教育・研修機能を持たせよう。
○大学医局人事を超えて人材を交流させる。

■問1
「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられる)という観点から、現在のがん診療体制に関する評価をお聞かせください。(一つ選択)
答〔実態がわからないので何とも言えない。〕

■問2
「がん均てん化検討会」で主要議題となる下記の6つの項目に関して、お考えやご意見があればお教えください。

2-1:がん医療における地域の実態と格差を生み出している要因
答〔まずは、地域の実態を正確に把握し、格差があるのかをデータに基づいて検討することが先決。〕

2-2:がん専門医等の育成
答〔国立がんセンター以外に、全国ブロック別に基幹機関拠点病院をおいて、がん専門医等の教育・研修を行う。腫瘍登録士についても同様。〕

2-3:国、ブロック、都道府県(三次医療圏)、二次医療圏における各がん専門医療機関の役割分担を踏まえたネットワーク体制の整備
答〔診療・研究の両面から推進する必要あり〕

2-4:上記3を踏まえたがん専門医等の人材交流(派遣・受入れの促進)
答〔大学医局人事を超えた人事交流のための人材確保〕

2-5:地域におけるがん専門医等の確保
答〔同上〕

2-6:地域がん診療拠点病院制度のあり方
答え〔保険点数加算など、経済的インセンティブが必要〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正