2004.09.07

プライマリ・ケア施設におけるうつ病治療、系統的管理モデルの有用性が評価される

 近年、日本でも著名人が体験談を公表するなど、うつ病に関する理解は進んでいるように見える。しかし、治療となると専門医に任されているのが実際だろう。一方で、米国では、うつ病治療の質の向上をめざす系統だったアプローチが進んでいる。その有効性を示す臨床試験結果が9月2日、British Medical Journal電子版に報告された。

 米国MacArthur財団のInitiative on Depression and Primary
Care
は、プライマリ・ケア施設における系統的なうつ病治療として、科学的証拠に基づくうつ病管理モデルを開発、評価を進めている。

 この治療システムは、プライマリ・ケア医および協力関係にある精神科医、そしてケア・マネージャーの協力により実施される。財団は、これら3者の
教育のための教材と、プライマリ・ケア医師のためのツール・キットというリソースを提供する。現在、システムの評価が進行中で、今後は健康保険会社も取り込んで利用拡大が図られる見通しだ。このシステムは、導入が容易であることから、海外からも注目を集めている。

 今回、米国の60を越える施設で、18歳以上の患者405人を対象に、通常の治療(対照群)と同財団のシステム(治療群)の有効性を比較する無作為割付試験が行われた。抗うつ剤の使用に差はなかったが、治療群の患者たちは頻繁に電話でのサポートを受けていた。

 6カ月の時点で、治療に反応した患者の割合は治療群60%、対照群47%、緩解誘導率は前者が37%、後者が27%だった。患者自身による治療の評価は、前者の90%が「優」または「良」で、後者ではそれが75%だった。

 論文のタイトルは「Re-engineering systems for the treatment of depression in primary care: cluster randomised controlled trial」、現在全文がこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正