日経メディカルのロゴ画像

2004.09.06

ノエビア、米国産植物に皮膚細胞のアンチエイジング作用を発見

 ノエビアは、米国フロリダ州の亜熱帯気候地域に生息するパイナップル科の植物「スパニッシュモス」に、老化した皮膚細胞の機能低下を防ぐ作用や、過酸化脂質による皮膚毛細血管の内皮細胞の障害を保護する作用などがあることを発見した。研究成果は9月9日、10日に神戸で開催される日本生薬学会で発表する。

 スパニッシュモスは木の枝に付着して育つエアープランツの一種で、分析の結果、フラボノイド類やトリテルペノイド類などの有用物質を含むことが分かった。培養ヒト表皮角化細胞やヒト真皮線維芽細胞にこのスパニッシュモスから抽出したエキスを添加したところ、強い細胞賦活化作用が認められらほか、培養マウスメラノーマのメラニン産生抑制作用や活性酸素消去作用が明らかになった。またヒト皮膚微小血管内皮細胞に対しては、細胞賦活作用と過酸化脂質による障害の保護作用が認められた。

 こうした実験結果からノエビアでは、スパニッシュモスには、老化した皮膚細胞の機能低下を抑制し、毛細血管を強化・保護して肌を美しく健康に保つ作用が期待できるとしている。同社では2005年初頭をめどに発売する基礎化粧品にこの研究成果を応用する計画だ。

 ノエビアのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)