2004.09.03

余分な脂や塩分を減らすオーブン、300℃の水蒸気で加熱、ビタミンCの酸化も抑制

 水蒸気で食品を加熱することで、余分な脂や塩分を減らせるオーブンが登場した。シャープは9月1日、水蒸気加熱によるウォーターオーブン「ヘルシオ」を発売した。希望小売価格は12万6000円。

 約300℃の水蒸気を食品に噴霧して調理することで、余分な脂や塩分を落とせるという。例えば200gのステーキなら、フライパンで調理する場合より脂を約8倍落とし、カロリーを約13%カットできるという。

 噴霧した水蒸気の熱で食品内部の脂を溶かし、しみ出した脂を食品の表面につく水分が一緒に洗い落とす仕組み。

 一方、塩分を落とす効果は、例えば塩鮭を焼く場合で、ガスグリルの約3倍高いという。食品の表面に付着する水分に食品中の塩分が移動し、塩分を含んだ水が食品からしたたり落ちるため、食品に含まれる塩分が少なくなる。

 さらに、オーブン内に充満する水蒸気によって酸素濃度が低くなり、ビタミンCの酸化を抑制できるという。ビタミンCの残存率は、カボチャの場合、従来のオーブンに比べて約1.8倍、ブロッコリーの場合、鍋でゆでたときの約1.4倍という。

 プレスリリースはこちらまで。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正