日経メディカルのロゴ画像

2004.09.03

ビタミンCを増やす冷蔵庫、LED光で野菜の光合成を促す

 野菜に含まれるビタミンCを増やしてくれる冷蔵庫が登場する。三菱電機は、野菜室に保存した野菜の光合成を促して、野菜に含まれるビタミンCを購入時より増やすという冷蔵庫を発売する。

 「ビタミンCを増やす冷蔵庫の発売は世界初」(三菱電機)という。

 野菜室にLED(発光ダイオード)を取り付け、光合成に有効な590nm(ナノメーター)の光を野菜に当てる。すると光合成が促され、その結果、保存した野菜のビタミンC量が増え、クロロフィル(葉緑素)も増えるという。

 同社によると、ブロッコリーの芽を野菜室で保存したところ、3日後にビタミンCが10%増えた。一方、LED光を照射しない同社従来品では、ビタミンCは3日間で20%以上減少し、LED付きで保存すると従来品よりビタミンC量が約1.5倍あったという。

 「氷独立の片開き」タイプは9月25日、「オールセンター開き」タイプは11月25日に発売。価格はオープン価格。

 プレスリリースはこちらまで。
(小山千穂、日経ヘルス