2004.09.03

厚労省、15品目のトクホを新たに許可、肥満対策のマーガリン、コレステロール対策のマヨネーズが新登場

 厚生労働省が効果と安全性を認めた特定保健用食品(トクホ)に、肥満対策のマーガリンと、コレステロール対策のマヨネーズが新たに加わった。

 肥満対策のマーガリンは、日清オイリオ「リセッタ ソフト」。

 食べて体内に吸収されても、肝臓ですぐに燃焼しやすい「中鎖脂肪酸」を多く含む製品。中鎖脂肪酸は、肥満対策のトクホ調理用油として販売されている「ヘルシー リセッタ」の有効成分と同じもの。

 「リセッタ ソフト」は近く発売になるとみられるが、発売日はまだ発表されていない。

 「リセッタ ソフト」は、厳密にはマーガリンではなく、ファットスプレッドと呼ばれる分類の商品。

 日本ではJAS規格(日本農林規格)によって「マーガリン類」が定義されており、油脂含有率80%以上の製品を「マーガリン」、同80%未満の製品は「ファットスプレッド」と分類される。

 「リセッタ ソフト」は、厳密な定義のマーガリンに比べて油分が少ない。もっとも、スーパーなどの店頭に並ぶマーガリンの多くは、「ファットスプレッド」に分類されている。

 一方、コレステロール対策のマヨネーズは、味の素「ピュアセレクト サラリア」。

 コレステロールを下げる効果がある「植物ステロール」を配合・強化した製品。9月10日に発売される。

 植物ステロールは、消化管の中でコレステロールと競合し、コレステロールの体外への排せつを促す。医薬品として認められているほど、効果は確かだ。植物ステロールを配合・強化して、コレステロールを下げる効果が認められたトクホは、食用油とマーガリン類がすでに発売されている。

 味の素の「ピュアセレクト サラリア」は、厳密にはJAS規格の「マヨネーズ」には相当しない商品。

 通常のマヨネーズに比べて特定の成分を配合・強化すると、とたんに、マヨネーズの定義に当てはまらなくなってしまうからだ。マヨネーズ類と表記するのが正しい。

 なお、味の素が「ピュアセレクト サラリア」のトクホ表示許可を取得した「食品の種類」は「サラダ用調味料」となっている。

 マヨネーズ最大手のキユーピーも、植物ステロールを配合・強化したマヨネーズ類「キユーピー コントロール」のトクホ申請を2003年中に終えており、近く、トクホ表示で味の素に追随するとみられる。

 日清オイリオ「リセッタ ソフト」と味の素「ピュアセレクト サラリア」の2品目は、2004年8月20日付で厚生労働省がトクホ表示を認めた。

 8月20日にはこの2品目を含む15品目がトクホとして認められたため、トクホの総数は439品目になった。(河田孝雄、医療局編集委員)

■お知らせ■
メールマガジンの登録を受付中です。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正