2004.09.03

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:医薬品開発をスピードアップする微量薬物の検出技術向上

 日本製薬工業協会の調べによると、国内企業17社が1998年〜2002年の5年間に合成した化合物は42万542個で、このうち承認取得に至ったのは76個。海外からの導入品38個を除くと、化合物1万1067個のうち、製品化にたどり着くのはたった一つということになるのだそうだ。

 医薬品になる化合物は、文字通り万に一つ。その一つがどれかを早い時点で見極めることができれば、将来ドロップアウトする化合物に無駄な資源を注ぎ込むこともなくなり、開発のスピードは間違いなく上がるだろう。それがどれかを簡単に見極められないところに、創薬研究者の苦悩がある。

 とりわけ“被害”が大きいのは、臨床開発入りした後に候補化合物がドロップアウトしてしまうことだ。そこで、製薬企業では臨床試験の開始前にできるだけ候補化合物を絞り込もうと腐心するが、それでも臨床入りしてからドロップアウトする例はなくならない(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正