2004.09.02

FDAが頚動脈に挿入し脳卒中を予防するステントを承認

 米国食品医薬品局は8月31日、閉塞の進んだ頚動脈に挿入して脳卒中を予防するステントを承認した。従来の頚動脈血管内膜切除術に比べ、侵襲性が低く、短期合併症率や長期の脳卒中予防効果も、同等のようだ。

 同ステント挿入の対象となるのは、脳卒中の症状があるか、頚動脈の閉塞が80%以上で、従来の外科治療には適さない人。

 治験では、45カ所の医療施設で581人を対象に頚動脈ステント挿入術を行った。

 その結果、被験者の92%について、頚動脈の閉塞を開くことができたという。また術後30日以内の死亡や脳卒中、心筋梗塞といった合併症率や、1年後に同じ頚動脈が閉塞し脳卒中を発症する割合について、これまでの研究結果を元に従来の血管内膜切除術と比較したところ、血管内膜切除術は15%だったのに対し、ステント挿入術では10%に留まった。

 さらに治験では、術後2年以上経過しても、挿入したステントが脳への血流を行っていることもわかったとしている。

 なお、同ステントはこれまでに、冠動脈への挿入を目的にFDAの承認を受けている。同ステントの製造元は、Guidant社(インディアナ州Indianapolis)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正