日経メディカルのロゴ画像

2004.09.02

ユニ・チャーム、尿もれケアの積極的啓発を開始

 ユニ・チャームは9月から、尿もれケア製品のパッケージに「コンチネンスケア」マークを付けるほか、尿もれケアについてまとめた冊子を配布するなど、尿もれケアの積極的な啓発を開始する。

 尿もれケア専用品の「チャームナップ さわやかライナー」「チャームナップ さわやか超吸収」の商品パッケージに、市民団体の日本コンチネンス協会が推進している「コンチネンスケアマーク」を採用する。また同協会と共同で、尿もれの予防、治療、ケアについてまとめた冊子「コンチネンスケアBOOK」を作成、5000部を配布する。

 同社の調査によれば、尿もれ症状がある女性のうち、尿もれ専用パッド、ライナーなどを使うのが恥ずかしいと回答したのは、2003年3月の調査では50%だったが、2004年3月には23%と抵抗感が減少する傾向にあるという。しかし、尿に対する吸収力は消臭効果など、専用品の特徴自体はまだ十分に認知されていないとしている。

 ユニ・チャームのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)