2004.09.01

【Pharma Business】 フロム・ニュージャージー:米国市場への最適なエントリー戦略とは(下)

 米国で市場のニーズに合致した医薬品を一つでも生み出すことができれば、会社を飛躍的に発展させることも可能である。1984年に消化性潰瘍治療薬Zantac(ラニチジン)の許可をFDA(食品医薬品局)から得た当時の米国グラクソは、同種同効のTagamet (シメチジン)を開発して既にヒット製品に育て上げていたスミスクラインとは競争にならない小さな会社であった。グラクソは、ロシュの強力な営業力を借りるために共同販促に踏み切り、この戦略
が効を奏してZantacはTagametを追い越すまでの製品になった。このZantacという1製品による収益を活用して会社の規模を拡大させ、20年も経たないうちに世界のトップ製薬企業の座を争うグラクソ・スミスクラインになったのである(詳しくはPharmaBusinessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正