2004.09.01

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:進化を続ける骨粗鬆症治療薬(下)

 ビスフォスフォネート製剤が主流だった骨粗鬆症治療薬市場は、骨芽細胞を刺激するホルモンであるPTHや、Pretelos(ラネリック酸ストロンチウム)が中心の市場へと移行する可能性が出てきた。しかし、医師や製薬企業には、治療が必要な患者を特定するという大きな課題が残っている。現在、米国、欧州、日本で、適切な治療を受けている骨粗鬆症患者は25〜30%に過ぎない。最新の治療薬に加えて新たな診断方法がそろえば、骨粗鬆症市場に大きな変革をもたらすだろう(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正