2004.09.01

軽度腎機能低下の2型糖尿病に対するARBとACE阻害薬の有用性は同等−−DETAILより

 欧州心臓病学会3日目にあたる8月31日、「HOTLINE & C LINICAL UPDATE Iセッション」において、腎機能が軽度低下した2型糖尿病例に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)テルミサルタンとACE阻害薬エナラプリルの有用性比較したDETAIL(Diabetes Exposed to Telmisartan AndenalapriL)が報告された。結果は、腎保護作用が同等だっただけでなく、心血管系イベント発生も両群で同等だった。University of Birmingham(英国)のAnthony Barnett氏が報告した。

 対象となったのは、2型糖尿病を合併し、血清クレアチニン1.6mg/dL以下、GFR正常、血圧180/95mmHg未満の高血圧例。3カ月以上ACE阻害薬を服用していた250例が登録され、120例はテルミサルタン群、130例がエナラプリル群に無作為割り付けされ、5年間追跡された。テルミサルタン群は40mg/日、エナラプリル群は10mg/日より開始し、開始1カ月後に倍量への増量を試みた。両群とも18%に蛋白尿、82%に微量アルブミン尿が認められた。

 その結果、第一評価項目である「糸球体濾過率(GFR)の変化」は、テルミサルタン群「−17.9mL/分/1.73m2」、エナラプリル群「−14.8mL/分/1.73m2」で両群間に有意差はなかった。

 また血圧は、両群とも145/80mmHg前後までしか低下していなかったが(両群間に有意差なし)、末期腎不全移行、また血清クレアチニンが2倍化した例は、両群とも存在しなかったという(注:学会で提示されたスライドには末期腎不全が両群とも2例あったとされているが、Barnett氏が口頭で訂正した)。

 有害事象発現も、両群間に有意差はなかった。重篤な有害事象が認められたのはテルミサルタン群の49%、エナラプリル群の44%で、有害事象による脱落はそれぞれ17%と23%だった。「全例すでに3カ月以上ACE阻害薬を服用している患者だったので、ACE阻害薬への忍容性の高い集団が対象になっていた」ため、ACE阻害薬群の有害事象発現率が低かった可能性をBarnett氏は指摘している。

 本試験の結果、2型糖尿病例におけるテルミサルタンの腎保護作用はACE阻害薬と少なくとも同等と結論付けられた。また、Barnett氏らの計算によれば、テルミサルタン群における年間GFR低下率は3.7mL/分/1.73m2、エナラプリルは3.2mL/分/1.73m2だった。同氏は記者会見に
おいて「軽度腎機能低下を認める2型糖尿病例に対してはACE阻害薬、ARBのいずれもが第一選択薬になりうる」と述べている。

 テルミサルタンの腎保護作用を検討した本試験だが、結果としては、2型糖尿病例における腎保護作用の明確なエビデンスが存在しなかったACE阻害薬の有用性が明らかにされた点が注目される。
(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  2. 4歳女児。顔面のソバカス様の小色素斑 日経メディクイズ●皮膚
  3. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
  4. 惰性のモニタリング、だせーじゃん? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. 最難関の新「造血器腫瘍ガイドライン」をモノにせよ 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  6. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
  7. 都道府県でこんなに違う!看護師、介護職の賃金相場 記者の眼
  8. 骨棘を除去したのに嚥下機能は低下、どうする? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  9. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
  10. 急速に様変わりする肝細胞癌の治療 日経メディカルOncologyリポート
医師と医学研究者におすすめの英文校正