日経メディカルのロゴ画像

2004.09.01

塩野義製薬、セファロスポリン系抗生物質「CEDAX」で米国における独占的販売権を取得

 塩野義製薬は8月30日、同社の米子会社であるShionogi USA社が、米Bioavail Pharmaceuticals社からセファロスポリン系抗生物質「CEDAX」(一般名:セフチブテン、日本における販売名はセフテム)を米国で独占的に流通・販売する権利を取得したと発表した。

 セフチブテンはもともと塩野義製薬が創製したセファロスポリン系の経口抗生物質で、米国では1995年に承認された後、当初は米Schering-Plough社、現在ではBioavail Pharmaceuticals社が販売していた。米国における自社製品の独占的流通・販売は塩野義製薬としても初めての試みとなる。これまでShionogi USA社は臨床開発に専念してきた。米国におけるセフチブテンの販売に当たっては、米国の医薬品販売業務受託機関であるPDI社と業務提携する。

 塩野義製薬のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)