日経メディカルのロゴ画像

2004.08.31

全身の癌を一度に検出できる高感度腫瘍マーカーが開発中、PETとの併用で効率的な癌検診が可能に

 全身の18種類の癌が一度の血液検査で検出できる、「HAAH」という酵素を用いた試薬キットが日本で開発中だ。従来の癌診断マーカーは1つの臓器の癌しか検出できないが、HAAHを利用すれば、場所は特定できないがほぼ全身の癌の有無を一度にチェックできる。

 この腫瘍マーカー検査は、米国のパナセアファーマシューティカルズ社とのライセンス契約により、(株)エスアールエル(SRL)などが開発を進めているもので、「2007年には体外診断用医薬品としての認可を受けて、広く販売を開始したい」(SRL)意向だ。

 癌の早期発見の切り札として、日本でもPET検診が普及し始めているが、多くの場合は保険適用とならず検査に要する受診者の費用負担は大きい。PET検診を手がける宇都宮セントラルクリニック(栃木県宇都宮市)院長の佐藤俊彦氏は、「HAAHのように全身の癌が一度でスクリーニングできる高感度の腫瘍マーカーが実用化されれば、異常者のみをPET検診に回して癌の部位を特定すればよく、より効率的な癌検診システムが可能となる」と話している(日経ヘルスケア21の9月号のコラム「ヘルスケアリーダー」は佐藤氏についてです。こちらもご覧ください)。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21