2004.08.31

「医療事故対策は企業の生産管理の現場に学べ」 工学院大学教授・畑村洋太郎氏語る

 様々な対策が講じられるものの一向に減る気配をみせない医療事故。その根本原因はいったいどこにあるのだろうか−−。「日経ヘルスケア21」9月号のインタビューでは、機械設計の専門家で「失敗学」の提唱者でもある畑村洋太郎氏(写真)に、「失敗学」の基本と、それを医療事故対策に反映させるためのヒントについて語ってもらった。

 畑村氏は点滴用キシロカインの誤投与などの事故が医療現場で繰り返されることについて、「失敗の持つ特性やそれが起こった脈絡をしっかりと理解して、組織管理の中にそれを反映させた事故対策を立てている医療機関がまだまだ少ないことが一因だ」と語り、「同じシナリオ、脈絡で起こる別の種類の事故の対策も同時進行で考える、水平展開の思考が必要」と指摘。さらに「日本の自動車や電化製品の製造現場の生産管理システムの考え方や“文化”を学び、医療事故対策を根底から見直すことが必要」とアドバイスしている(インタビューの詳細は「日経ヘルスケア21」9月号参照)。
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正