日経メディカルのロゴ画像

2004.08.31

味の素、コレステロール低下作用持つ特定保健用食品のマヨネーズを発売

 味の素は、マヨネーズでは初めてコレステロール低下作用について特定保健用食品の許可を受けた新製品「ピュアセレクト サラリア」を9月10日に発売する。製品は250g入りで価格はオープン。2005年度には消費者購入価格ベースで30億円の売り上げを目指す。

 同社の研究で成人男性24人に対し、1日15g(大さじ1杯)のピュアセレクト サラリアを食べてもらったところ、2週間後に総コレステロール値が平均で約215mg/dLから約205mg/dLへと有意に低下した。また、総コレステロール値が220mg/dL以上の被験者15人に対し、同量を3カ月間食べてもらったところ、開始時点で約155mg/dLだったLDLコレステロール値が1カ月目には平均140mg/dL強と正常域近くまで約9%低下し、その後もほぼ同じ値を維持し続けた。

 味の素のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)