2004.08.31

エジプトへの旅行者に100人超のA型肝炎患者が発生

 エジプトで休日を過ごした後にドイツに帰国した観光客の間で、A型肝炎が流行していることが分かった。8月26日までに患者が100人を超えている。患者らは紅海沿岸の特定のホテルに滞在したことが明らかになっており、観光客の聞き取り調査では、ロシア、イタリア、フランス、英国、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデンからの渡航者が同じホテルに滞在したことが判明している。ドイツ以外の国からは、これまで16人の患者が報告されたという。このため、ヨーロッパ早期警戒警報システムEuropean Early Warning Systemにより警報が発令された。なお、感染源はまだ特定されていない。

 詳しくは、Eurosurveillance WEEKLYの8月27日号まで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正