2004.08.30

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:グローバルマーケティングの時代がやって来た(下)

 一部の製薬企業は、グローバルマーケティング部門やグローバルブランド構築部門を立ち上げているが、経営陣はこれらの部署の意義について十分に理解していないように思える。現地法人が自由気ままに独自キャンペーンを展開している例も多く見られる。一方でグローバルマーケティング部門は、効率的かつ一貫したマーケティング戦略を開発することが、自分たちの最大の責務であることを忘れがちである。

 規制の共通化が進んでいる傾向を考えると、グローバルマーケティング戦略の実行は今後さらに容易になると思われる。製薬企業は、コスト削減や効率性のアップ、一貫したブランド構築という利点をすぐにでも享受できるようになるだろう。

 成功にたどり着くには、グループ全体がグローバルマーケティング部門を受け入れ、その価値を認める必要がある。そのためには、グローバルマーケティングの役割や限界について明確な定義を行い、理解を得る必要がある(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正