2004.08.30

インフルエンザ薬「タミフル」、投与された小児患者の18%から耐性ウイルス検出

 インフルエンザ・ウイルスのノイラミニダーゼ(NA)を阻害する経口薬、Oseltamivir(商品名;タミフル)については、先に厚生労働省が、国と都道府県で1000万人分の備蓄を決めたが、東京大学医科学研究所の河岡義裕氏らは、小児にこれを用いた場合、予想を超える耐性ウイルスが出現することを明らかにし、Lancet誌8月26日号に報告した。

 河岡氏らは、タミフル投与を受けた50人の小児インフルエンザ患者(8割が5歳以下)から、治療開始前と後に、鼻腔ぬぐい液、咽頭ぬぐい液、または鼻腔吸引液を採取して、H3N2型ウイルスのNA遺伝子とヘマグルチニン遺伝子の配列を調べた。

 その結果、18%(9人)の患者から変異型NA遺伝子が見つかった。うち6人から見つかったArg292Lys変異と2人から検出されたGlu119Val変異は、タミフル耐性をウイルスに付与することが知られていた。残りの1人からはAsn294Ser変異が見つかった。これらの変異を持つウイルスのタミフル感受性を治療開始前に分離されたウイルスと比較したところ、それぞれ104〜105倍、500倍、300倍になっていた。耐性ウイルスは治療開始から4日目に現れたが、この時期でも他者に感染させるに十分なウイルスが患者から排出されており、患者は、耐性ウイルスの感染源になる恐れがあると考えられた。

 論文の原題は、「Resistant influenza A viruses in children treated with oseltamivir: descriptive study」、アブストラクトは、Lancetのホームページで閲覧できる(Lancetのホームページへの登録が必要です)。
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正