日経メディカルのロゴ画像

2004.08.27

栄研化学、受診者が自宅で血清分離できる郵送検診用採血セットを発売

 栄研化学は、受診者が採取した血液を自宅で容易に遠心分離できる郵送検診用採血・血清分離キット「かんたん遠心器EC-10」と「かんたん採血セット‘栄研’を9月1日に発売する。メーカー希望納入価格は、遠心器が1台2500円(税別)、採血セットが100セットで8万円(税別)。

 かんたん採血セットには穿刺器具、検体チューブと救急絆創膏などが含まれている。受診者は指先を穿刺し、血液4〜5滴を容器に取り、3分間程度の遠心操作を行う。遠心後、容器のふたを閉め、返送用袋に入れて返送すればよい。遠心機は単三乾電池2本で作動し、毎分7300回転で動作する。医療機関などで使用される遠心分離機とほぼ同等の分離成績が期待できるという。希釈液を用いず、全血を遠心分離するため、濃度の検査も可能となる。

 栄研化学のプレスリリースはこちらまで(pdfファイル)。(中沢真也)