日経メディカルのロゴ画像

2004.08.27

【Pharma Business】 MRのキモチ:大学教授から叱責を受けたMRの物語

 G太郎は、MRになって12年目の春、以前から希望していた大学病院担当のMRに任命された。大学病院の担当になることは、MRにとって一つの夢である。社内で一目置かれる存在であると同時に、最新の学会情報について教授クラスの医師と直に議論できる点などが、他のMRとは比較にならないやりがいを感じさせてくれるからだ。G太郎が担当することになったのは、東京でも有名な私立大学の医学部付属病院であった。医学界に対する影響力も大きく、G太郎の勤めているアマテラス製薬にとって、トッププライオリティーを持つ病院の一つでもある(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。