日経メディカルのロゴ画像

2004.08.26

ウエストナイル熱患者が急増、全米で800人、アリゾナ州で300人超える

 米国疾病対策センター(CDC)が8月24日にまとめたウエストナイル熱の発生状況によると、患者数は全米で843人となった。特にアリゾナ州、カリフォルニア州、コロラド州で目立っており、それぞれ304人、234人、141人となった。この3州合計で全米の8割に達している。

 これを受け、海外渡航者のための感染症情報(FORTHホームページ)では25日、「ウエストナイル熱情報2004−更新14」を掲載。現在、ロサンゼルス近郊、アリゾナ州フェニックス、コロラド州で、ウエストナイル熱患者が急増していると警告、特にこれらの地域に渡航する場合は、蚊に刺されないような対策を行うよう呼びかけている。(三和護)