2004.08.18

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ドラッグデリバリー技術でよみがえる注射剤(下)

 徐放型注射剤は、必要な注射回数が少なくて済み、医療機関はその分だけ治療コストを削減できる。医師の手間や、使用する注射針、注射器を減らせるからだ。しかし、何と言っても最大の利点は、1日1回の注射を1週間に1回、あるいは1カ月に1回にすることで、患者を入院させなくとも治療できることだ。ベッドを置くためのスペースなどを削減できる効果は、莫大である。製薬企業にとっては、製品価格を抑えられるメリットもある。30日分を一つの製剤にまとめた方が、製造コストが削減できるだけでなく、保管や流通にかかる費用も抑えられるからだ。さらに、特許の期限切れが近い製品を徐放型に改良することで、ジェネリックの参入を防止することも可能になる(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:162
  2. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:21
  3. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:121
  4. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  5. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:259
  6. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:213
  7. 米国糖尿病学会が薬物治療ガイドライン改訂案 詳報◎CVDや心不全合併例にはSGLT2阻害薬を推奨 FBシェア数:49
  8. 前日の決定を忘れる認知症患者への対応は? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:98
  9. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:152
  10. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正