2004.08.16

オーラルセックスの「普通の行為」化でクラミジア咽頭感染が増えている

 かつては特別な行為だったオーラルセックスが、ごく普通のパートナーが日常的に行う性行動になったようだ。その結果、クラミジア咽頭感染が増え、感染拡大の一因になっているという。岐阜大学医学部附属病院成育医療・女性科の三鴨廣繁氏らの研究グループが、国立感染症研究所感染症情報センターの病原微生物検出情報月報2004年8月号で報告した。

 研究グループは、風俗産業従事者(CSW:commercial sex worker)ではない性体験のある一般女性122人を対象にアンケートを実施した。その結果、性行為の際、オーラルセックスを「必ず行う」「50%以上の割合で行う」とした人が77%を占め、行わない(経験がない)は8%に過ぎなかった。しかも、「必ず行う」「50%以上」の回答は30歳以上では57%だったのに対し、20歳代では81%、20歳未満では90%と若いほど高く、近年では性体験の初期から当然の行為として受け入れられている様子がうかがえる。

 こうした性習慣の変容に伴い、クラミジア咽頭感染が増えているようだ。2002年にCSWと一般女性のクラミジア感染状況を調査した結果、子宮頚管に感染が認められた女性がCSWで32%、一般女性で11%、咽頭感染者はCSWで18%、一般女性で2.6%だった。

 困ったことにクラミジア咽頭感染は性器感染よりも除菌しにくいという。1錠を1回だけ服用すれば除菌が完了することから、「手軽に治ると思われて教育上よくない」という批判まであるアジスロマイシン1000mg単回投与を実施した場合、治療終了後の除菌率は子宮頚管では100%だったが、咽頭では86%に過ぎなかった。7人に1人は除菌に失敗する計算だ。三鴨氏らは、性器クラミジア感染が見つかった場合、積極的に咽頭の感染状況も検査すべきだとしている。

 本論文の全文はこちらで閲読できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正