2004.08.10

日経メディカル8月号特集、今日からできるインスリン導入

 SU薬の投与を続けても、HbA1cは9〜10%のまま・・・。こんな2型糖尿病患者を抱えている開業医の多くが、インスリン導入に踏み切れずにいる。「患者が導入に抵抗する」「外来では管理が難しい」のが大きな理由。だが、最近登場した2種類のインスリン製剤を使えば、患者の負担が少なく、低血糖のリスクも減少し管理は容易だ。

 埼玉県和光市で開業する天野教之氏(天野医院院長)は、一昨年、自院の外来でインスリン導入を始めた一人。それまではインスリンが必要と判断した糖尿病患者は専門医に紹介していたが、「実際に何例か導入してみて、決して特殊な治療法ではないということが分かった」と天野氏は実感を込める。インスリン療法はもはや、糖尿病専門医の“職人芸”ではない。
(井田恭子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:36
  3. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:100
  4. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  5. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:27
  6. 突然発症の右腰背部痛、腎機能低下も認めたら… カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:47
  8. 胸水中ヒアルロン酸のカットオフ値はどこ? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:18
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:222
  10. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:145
医師と医学研究者におすすめの英文校正